初心者におすすめ トイドローン

皆さんは最近話題の
「トイドローン」ってご存知ですか?

トイドローンとは
その名の通りトイ(TOY = おもちゃ)のドローンという意味
高額モデルまでの練習用や、趣味用のドローンとして人気
様々なメーカーから発売されている



購入の経緯

このブログの吹き出しや、Twitterのアイコンにも使わせていただいているイラスト。
polcaの支援のお返しで描いていただいたんですが、その際に似顔絵だけでなくアイテムも入れることができるとのことでドローンを一緒に描いてもらいました。

実はこの時点でドローンを操作したことはなかったんですが、とても良いイラストになったので現実のほうをイラストに寄せていく作戦に変更(笑)

購入の後押しとなりました。

ドローンについて調べてみた

にのしゅん
そもそもドローンってどれくらいの価格だろう?

早速、調べてみたところ

(ドローン関連商品)Phantom 4 Pro (JP)

価格:265,550円
(2017/9/9 18:21時点)

にのしゅん
ファントムって聞いたことあるぞ!26万超え!!

【送料無料】DJI 【ドローン】4K動画撮影対応ドローン(マルチコプター) Inspire 1 V2.0 4Kカメラ Zenmuse X3標準搭載(送信機×1付属モデル) IS1V2

価格:268,790円
(2017/9/9 18:23時点)

にのしゅん
こんなのは気軽に買える値段ではない!!

更に、調べていくうちにドローンを飛ばすのには許可が必要との情報も!!

ドローンを飛ばす際の許可関係

国土交通省のサイトによると

飛行ルールの対象となる機体
平成27年9月に航空法の一部が改正され、平成27年12月10日からドローンやラジコン機等の無人航空機の飛行ルールが新たに導入されることとなりました。
今回の法改正により対象となる無人航空機は、「飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの(200g未満の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)のものを除く)」です。いわゆるドローン(マルチコプター)、ラジコン機、農薬散布用ヘリコプター等が該当します。

無人航空機の飛行の許可が必要となる空域について

国土交通省HPより

にのしゅん
めんどくさいっ!でもよく見ると200g未満の重量は除くとありますね、、

トイドローンの存在

そんなこんなで購入のハードルが高くあきらめていたところ1万円台でき購入できるドローン【トイドローン】を発見!
さらに、重量が200g未満なので規制対象外という最高の相棒を発見!!

注意
国の規制対象外でも、地方自治体によっては条例で細かく規制がありますので自己責任でお願いします

今回購入したのはこちら

Holy Stone HS200(2色Red/Black) 出荷数量 月1000台以上突破!! 大人気のトイドローン 初心者向け 楽天限定セット!(日本国内正規販売店)

価格:17,000円
(2017/9/9 18:27時点)

大人の趣味に最適

30代に差し掛かるとなかなか趣味と呼べるものが無く、仕事ばかりになってしまいがちですよね。わたしも今まで趣味といえるものが無く、仕事人間と化していました。

新しい趣味をお探しの方におすすめです!(プラモデルやラジコンに通じるものがありますが、外に出てやるのでアウトドア感を味わえます)

私は公園でドローンを飛ばしていたら子供たちが寄ってきて、人気者になれました(笑)

生活の変化

サイズ的には室内で飛ばすのが難しいので、外で飛ばすことになります。
天候に左右されますが、規制さえ守ればきっと楽しいドローンライフが待っています。皆さんも1万円台で手に入る相棒をもって公園デビューしませんか?

にのしゅん
ドローンマスターに俺はなる!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大分県出身ですが、気づけば長崎県で活動してます。 地域を盛り上げ様々なコミュニティーをつなげていけたらという思いからブログを続けています。 よろしくお願いいたします。